会社の会計業務の手間を大幅カットするなら記帳代行サービスが最適

男性

マネジメントの一つ

CRMシステムは顧客管理システムです。これはマネジメント手法の一つになります。新規開拓が難しくなっている今、既存顧客のニーズを的確に把握することが求められます。そこで用いられるのがCRMシステムになります。

事業に必要な記帳を代行

男の人

時間と費用のコストを削減

個人事業であれ大企業であれ、必ず行うのが決算申告です。決算申告に必要なのが日々のお金の流れを正確に記録することで、これを記帳と言います。例えば社員が営業にでかける時に電車を利用した時には、その交通費を記帳します。車で営業する時はガソリン代についても記帳します。このような日々のお金の流れを1ヶ月単位で記録してくれるのが記帳代行業者です。決算申告は税理士しかできませんが、お金の記録は記帳代行業者に依頼できます。依頼するメリットは記帳する手間と時間を節約できることです。そのためのスタッフを雇う必要がないのでコスト削減になります。税理士に依頼する場合もありますが、決算申告と記帳代行がセットになると費用が高くなるのです。税理士は簡単に変更することができませんが、記帳代行業者なら対応が悪ければすぐに他の業者に変えることができます。この点も記帳代行業者を使うメリットです。多くの記帳代行業者はそれぞれに税理士と連携していることが多いのです。そのため気に入った代行業者からより良い税理士を紹介してもらうことが可能になります。税理士の顧問料が高い場合など、代行業者を通じて税理士を変えることができます。記帳代行業者は価格設定がわかりやすく、仕訳の数によって決まっています。例えば200の仕訳なら15000円程度になっています。業者によって値段は変わりますが、将来的に考えると専門のスタッフを雇うよりもはるかに安い料金で記帳ができるのです。

婦人

電話設備の見直しと選定

電話設備は長く使用していると故障やメーカサポート終了などの問題も発生してきます。特に電話交換機(PBX)は設備を構内に設置して使用するスタイルが一般的でした。最近のクラウドの流れにのってクラウド型も出てきています。設置と比較すると導入費用が安く規模の拡大が容易です。

展示会場

商品を上手く宣伝しよう

自社製品をPRする場として展示会の活用が見られます。展示会に向けては周到な準備が必要で特に会場選びは重要となります。会場選びのポイントはバイヤーが集まりやすい場所であるか、会場の雰囲気が自社製品のイメージとマッチしているか、展示スペースが十分確保できるかといった点です。